カルチャー教室講座・現地講座の取材日記。テーマは『歴史・地理・信仰から京都を謎を探る』です。
 
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2012.03.31 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    ブログ移転のお知らせ
    0
        4月1日から、アメーバブログへ移転します。

       移転先 ⇒ 京の語り講座 

       ジュゲムブログからアメーバブログへ移転します。内容もさらに充実させ、画像も入れていきます。
      これまでの信仰以外に、歴史や地理からもアプローチしていこうと思います。テーマは、歴史・信仰・地理・説話から京都の謎を探るです。カルチャー教室の京都学講座のテーマです。
      【2012.03.31 Saturday 12:42】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
      | お知らせ | - | - | - | - |
      梅と桜
      0
         今年は寒かったせいか梅と桜がともに咲いて見れるという年になりました。そもそも梅は長時間花を咲かせることから神秘的な花として珍重され、その霊力から無病息災を祈ったといわれています。特に、中国の唐風文化に憧れていた平安貴族にとって、梅はとても愛好され、梅花の宴が催されたのでした。一方、桜はすぐに散ることから儚さが強調され、梅とは対照的な花として愛でられたのです。

         つかわしめブログ ← 寺社の神使を紹介するブログです。
        【2012.03.30 Friday 16:49】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
        | 基礎知識 | - | - | - | - |
        末法思想
        0
           1052年、永承七年に末法の時代に入ると日本では考えられていました。末法とは、釈迦の死後に訪れる世の一つで、死後五百年を正法、その後の千年を像法、そしてその後に続く一万年の世のことを指します。さしずめ、現在は末法の世にあたりますが、未曾有の大震災や原発事故、大不況に直面する現在を考えると末法なのかもと思う時もあります。この末法を畏れる貴族たちを中心に、浄土教の教えは広まったのです。


           カミとホトケのつかわしめ ←新しいブログです。
          【2012.03.29 Thursday 19:36】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
          | 仏教関係 | - | - | - | - |
          共生
          0
             歴史ある京都の街には、東西南北を貫く多くの通りがあります。その通りの界隈には、信仰の痕跡が色濃く残っています。新しいブログでは、動物の神使を紹介していますが、通り名にも動物がついた通りがあります。猪と熊の通りで、猪熊通です。猪はもちろん、熊も神の使いで、アイヌの伝説で有名です。動物と人間の共生、信仰にも多くの影響を与えているのです。

             カミとホトケのつかわしめ  ←新しいブログです。
            【2012.03.28 Wednesday 17:59】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
            | 基礎知識 | - | - | - | - |
            祇園社乱闘事件
            0
               祇園社乱闘事件は日吉山王信仰や延暦寺の力を平清盛に教えた事件です。この事件が起きたのは1147年、平清盛が田楽奉納を祇園社で奉納する際、武装解除を巡って乱闘が起きたのでした。その後、延暦寺の僧兵が日吉社と祇園社の神輿を担ぎ、平忠盛や清盛の処罰を求めて強訴しました。信仰のぶつかりあいが、一つのかたちとして現れた一例だと捉えれます。

               

              新しいブログを始めました。日々更新します。

               つかわしめブログ

              【2012.03.27 Tuesday 11:08】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
              | 山王信仰 | - | - | - | - |
              山王
              0
                 最澄が遣唐使で訪れた唐、天台山の神、山王祠に名前が由来する山王信仰(日吉山王信仰)は、延暦寺の鎮守神として平安時代に大いに神威をとどろかせました。その神威には朝廷もひれ伏し、白河法皇の天下三不如意の一つとして知られています。これが強訴とよばれるもので、信仰の一つの形態として特筆すべきものです。そして平氏はこの強訴を京武者として阻止したのでした。

                 新しいブログもご覧ください。⇒ カミとホトケのつかわしめ

                信仰から寺社を歩くツアーも開催予定

                 カルチャーハウスにて1コース開催
                 醍醐カルチャーにて毎月開催

                 リビング京都にて、「信仰から語る京の語り講座」開講中 
                【2012.03.26 Monday 10:07】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
                | 山王信仰 | - | - | - | - |
                NHK大河ドラマ平清盛 第十二回 宿命の再会 感想
                0
                   今回は、強訴のシーンから始まりました。日吉の神輿を担ぐ僧兵たちとそれを阻止する平氏一門、今後両者は様々なシーンで遭遇していきます。次回の祇園社乱闘事件でその関係は緊迫していきます。まさに、信仰の戦いが始まるのです。それは御曹司の再会でも同じです。平氏の信仰と源氏の信仰がぶつかりあいます。待賢門院璋子の死や源義朝の帰京、そして時子の結婚、頼朝の誕生と物語は進んでいきます。

                  街歩き:まいまい京都にて。単なる歴史ツアーとは違う視点からご案内。

                   4月 8日(日)西八条を歩く    

                   4月14日(土)法住寺から新熊野神社へ

                   5月 2日(水)町なかの寺社を歩く

                  詳しくはまいまい京都まで   まいまい京都

                  【2012.03.25 Sunday 21:51】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
                  | NHK大河ドラマ | - | - | - | - |
                  ブログの更新について
                  0
                     新しく、『カミとホトケのつかわしめ』というブログを始めました。京都の信仰の痕跡から神使像を紹介するというコンセプトで、寺社旅の新しい見どころを追求していきます。そのため、このブログは今後、不定期更新とします。

                    新しいブログ

                     カミとホトケのつかわしめ    

                     新しいブログは毎日更新していきます。宜しくお願いします。
                    【2012.03.24 Saturday 20:10】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
                    | お知らせ | - | - | - | - |
                    神使ワールド
                    0
                       アメーバブログを始めました。京都の神使をご紹介するブログです。神使とは、つかわしめと呼び、人と神仏の使いをする動物たちのことです。神社や寺院には、この動物たちをデザインした多くの彫像があります。その多くはけっして古くはありませんが、信仰の痕跡の一つとして興味深いものです。古代、動物は人と同じ生き物として同等、あるいはそれ以上の存在でした。つまり畜生と呼ぶのは、人の奢りでしかないのです。 そのような動物たちへの信仰を、わかりやすく画像とともに紹介していきます。

                       カミとホトケのつかわしめ
                      【2012.03.24 Saturday 10:49】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
                      | お知らせ | - | - | - | - |
                      もののけと陰陽師
                      0
                         陰陽道の聖地といえば晴明神社の名前が思い浮かぶと思いますが、実は平清盛ゆかりの地である西八条の陰陽師ゆかりの地です。吉凶を占う陰陽師たちが、この西八条に住んだということは、いかにこの場所が素晴らしかったかを証明しています。また、南北に走る御前通は、菅原道真ゆかりの道です。西八条は、様々な歴史的・文化要素がいっぱい詰まった場所なのです。まさに、もののけの棲みし地だと思います。

                        【2012.03.23 Friday 19:25】 author : 語り講座講師・信仰ツーリズムガイド
                        | 平家物語 | - | - | - | - |